FC2ブログ

毎度おなじみのお時間です

「……よし」

 23時前に帰ってきました。3分前でしたよ。つまり今はもうそんな時間はとうに過ぎ去ってるのです。そりゃ日付も変わりますよ。いやいや3分とはいえど全く以て馬鹿にできた時間では無いわけですよ精神的な重みが違うというかどう説明してくれよう! と高々十数文字打ってるうちにあんまり負担変わらいよねと心変わりしました。毎日が変化に溢れておりますよ。

 そういえば冒頭「よし」とひとこと申しましたが、個人的にいちばんテンションが高まってる「よし」はアルベルトさん(ミンサガ)が宝箱見つけちゃったときの「よォしッ」だと思います。なんであんなに嬉しそうなんでしょうね。中身がそんなに素晴らしいものでなくてもいつだって「よォしッ!」ですよ。あのテンションはきらいじゃありません。

 お話がそれましたので、そもそもそれるほどの話をしていたかはどっかに投げ捨ててですね、ゲーム(コンシューマー)の話などしましょう。そのくらいとりとめなく書かないことには今日を乗り切れそうにありません。

 ゲームは基本、自分でやるより他人がプレイしているのをぼへーと眺めているのを好みます。今は。うまいひとがやってると尚よろしいです。サイレントヒルなど。あれを良い感じにおちょくったプレイをしてるのを見ると変な笑いが出ます。鉄パイプ振り回しすぎ。踏みすぎ。踏みつけすぎ。ころしすぎ。

 私自身は、古い言い方をするところの次世代機(セガサターンなどの発売期)の頃、そういった類を全く持っていませんでした。代わりにディスクシステムが家にありましたけれど。しかも私の所有物じゃありませんでしたけれど。お陰で随分アレな感じのゲーマーになってしまったと自覚しております。

 ファミコンジャンプ初代を泣きそうになりながらクリアした記憶があります。扉全部入った。桃鉄初代をやってみたらプレイヤー選択に「ひと」(要するに自分がプレイするための選択基準)があるのを知らなくて、電車は四人分走ってるのにサイコロ自分で振ることが出来ない(CPU1~4が自動的に動いてるから)とか言ってやっぱり泣きそうになりながら泣いてばっかりだ! 東京から熊本いくのに何年(一年が春夏秋冬の4ターンです)かけるのさ!

 そしてあれです、私が始めて触れたシューティングはヘクター'87なるものです。今年号打って20年以上前のゲームであることに本気で絶望しました。でも人間あれですね、遊べるゲームの選択肢が少ないと、上手くなるのかもしれませんね。細かい時間使って。誰かがやってるの見てると当時は自分もやらせてよーとなったのでこまこまプレイしましたが、最終的に5面までノーミスでいけるようになりました。でも6面で全滅する。無理だよ横面とか! 今はちっとも出来なくなってると思います。軽いトラウマ。

 近頃(ここ三年以内)で買ったゲームってなんだったけ、と記憶を引っ張り出してみますと、

・ペルソナ3
・オーディンスフィア
・超執刀カドゥケウス1
・ペルソナ4
・世界樹の迷宮1

 全部アトラスでした。どれほどすきなのアトラス。いやすきですよアトラス。
 そういえばPSPでペルソナ1がリメイクされるみたいですね、たのしみです。これは友人が昔やってたのを後ろから眺めてたのですが、どうしても敵に「ホォーゥ」と言いながら斧状のもので切りかかるマークさんがヤバいという記憶がフラッシュバックします。あのボイス再現してくれるんでしょうか。なら買いです。そして当時何より吹いたのは、友人が主人公の名前を「ありんす」に設定したことです。

* *

ありんす『ペルソナァ―――――――――――!!!』

「よしいけありんすぶっ飛ばせ」
「ありんす強いね? 非常に強いね?」

マーク『ホォーゥ』ドグシャア

「マークさんがやばい」
「いつものこと」


※出演;ありんす マークさん 友人と私
※口調は大体適当


* *

 一体何書いてるんだろうと今この場で思ってしまいましたがいつも通りですね。
 
-Sam Prekop 『Showrooms』


 いつもより酷いこれは


 

2009.03.18 00:30 | | コメント(0) | トラックバック(0) |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

いこの

Author:いこの
たんたんとお酒をいただきながらssを書いている私の脳がじわじわアルコールやニコチンにやられていく様を観察できます
次また前触れなく長期に渡って休んだらぶっ倒れたんだなと把握してください


カテゴリせつめい

『文』 黒歴史生産場所 大抵酔っ払いで私はこれを振り返らない

『酒』 そそわ作品の感想を残したりするカテゴリです ときおり本当にお酒の話をします

『画』 あんまりかかない

『黒』 黒歴史用語集 稀にこっそり増える

『白』 「独白する彼女の記憶」シリーズを(自己満足的に)納めようかと思っているカテゴリ あとそそわに投稿されなかったssもこっそり 歴史が白いわけじゃありません


リンクの切り貼りご自由にどうぞ

FC2カウンター