FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | | スポンサー広告

書き物中

 さらさらと。一度作り上げた砂山をまた崩してしまうのでした。道のり遠く。未だ遠く。実に仕方の無いことです。ふたたび文字に溺れることにいたします。



-supply 『10時間くらい天井を見ている/瞼の光』


 これを聴いてると心がどんどん深くくらいところに
 このゲームかなり頑張りましたけどクリアできなかったなあ

スポンサーサイト

2009.10.29 21:34 | | コメント(0) |

たぶん命中する

『     これが……        死か……        』


 無意識に発動したミギーごっこから現実へと帰還を果たした私は、人知れず溜息をついていたのだと思います。
 手元にあったワンダリングスケジュール表を何度見直してもワンダリングな時間軸しか記されていませんでした。上司は時間を蹂躙するのがお好みのようです。さですと

 日常は不思議に溢れています。机の前では仕事、煙草休憩のときにはマフィアの仕事で大忙しです。割と余裕でした。

 職場の同期から「Yeah-vice(※注1)」と先日メッセージが送られてきてたのでとりあえず「Mu-lis(※注2)」って返しておきました。

 LIS【略】
 =Liability Insurance Supplement
 追加自動車損害賠償保険

 =Lisbon
 リスボン◆ポルトガルの首都

 =laser isotope separation
 レーザー同位体分離

 =loop input signal
 ループ入力信号

 今調べて初めて知った。スペースアルク先生は偉大です。
 結論としては、生きてればなんとかなるんじゃないです? ということでひとつ。


-Mono 『The Battle To Heaven』


 ※注1 やばいす
 ※注2 むりす
 

2009.10.29 00:41 | | コメント(0) |

ふるえるように声は

 ずつううが痛いので帰らしてもらいました。でも麦酒は呑む
 そして某マフィアで同一人物にぼっこぼこにされてるのを確認した上で淡々と仕事をこなしレベルを上げせいしん値がマイナスになっているのが今です。

 なんとなく今イメージがゆらゆら揺れていて、うまく作品に繋がってくれない状況。こんな時こそじっくり取り組まねばならんのですけれど、ねぇ。
 今日はとりあえず眠りにつく前までには一区切りつけたいところなのでした。


-Zeppet Store 『THANK YOU』

 物凄く好きなバンドだったのです その昔聴きまくってました
 いっつもついでのように此処に残されるのは本日のBGMなるものでありますが
 聴く曲聴く曲割と偏っております もっと色々開拓していきたいです

2009.10.27 22:46 | | コメント(0) |

断片のメモ_独白する彼女の記憶(3)



「私は、伝えなかったのです。


 はだしで歩くと音がやわらかくなる、なんてことを呟いていたけれど、私は特に何も返さなかったのだと思います。ぺたりぺたりと足音だけを残し、そこに跡が刻まれたかどうかを確かめることはしませんでした。

 私はそれにひっそりとついていくだけだったのです。

 私たちの探し物は何だったかな、なんてことを言おうとしたけれど、特に何も変わらないのだろうと思いました。あなたはふと歩くのをやめて、何となくひんやりつめたい床に腰を下ろして、それが次第に熱を帯びていくことなど無いと知っていました。私は、あなたは、私たちは、あまりにつめたすぎたのです。

 夜はとても静かで、たった今居る長い長い廊下の先に、大きな窓がひっそりと佇んでいることに気付いていました。そこからぼんやりとしたひかりのようなものが零れているのも感じました。この廊下は全て繋がっているから、わかってしまいます。

 その時、私だけに見えているものがありました。この長い長い廊下のなめらかな床に、大きな窓の影が落ちていたのです。あなたがそれを確かめようと思ったかどうかはわかりません。けれどまた立ち上がって、とてもゆるやかな足取りで、あなたは先へと進みました。

 私はそれにひっそりとついていくだけだったのです。


 ゆかにうつる、ゆかにうつる。
 窓うつる、窓のうつる。
 ぺたりぺたりと。また音が響きます。
 確かめなくても、足跡は残りません。


 暫く経って、あなたは廊下の果てに辿り着いてしまいました。あなたの眼の前にあった筈の窓、それがあなたの探し物であったかどうかはわかりません。けれどその窓から出たとき、あなたはやはりはだしのままで歩き続けるのだろうかと。そんなことだけが気になったのだと思います。

 そこであなたは座り込んだのです。
 そして、床にうつる窓がひらいたら素敵なことだ、とまた呟くのでした。

 つめたい床にひたりと両の手を合わせて、あなたはぼんやりと大きな窓の影を見つめていました。
 私はそんなあなたの有様を見つめていました。

 こうして、あなたが開くべき窓は。あなたからとても遠いものになりました。あなたが私と眼を合わせている、それだけで私にはわかってしまった。


 それを私は、伝えられなかったのです」






-Condor 44 『visionary town』



 わーいはやく帰ってこれたよ
 上記は先日病院でさらさら書いてたもの
 病院の床質ってなんとなく好みです
 こういうのたまに書かないと脳がもやもやしてきます

2009.10.26 23:19 | | コメント(2) |

語感互換性(自分、または相手に対する)

『トートロジー……?』


 何処からともなく頭に浮かんだ単語は私が作り上げたものである筈が無く、特にカタカナでしかもちゃんとした言葉っぽいものであるねと思って記憶に留めて置くことを偶にします。トートロジーはトートロジーだそれは仕方ない、でも意味は何となく気になるのでさっくりgoogle先生に尋ねたところwikipedia先生を紹介されたので参照。それで麦酒吹きそうになってたのが昨晩の出来事です。合ってた そしてそのまま私は眠った

 漢字ひらがなカタカナあとは英数字、と記号、など? それらを並べて文章は作り上げられていくわけですが。(そもそもの所謂正しい「文法用法/作法」はちょっと小脇に寄せます)それぞれの文字がどう心に染み渡っていくかという違いはあるものなのでしょう。その文字のかたちが。あるいは音が。文章という羅列の中で、「文字そのもの」が持っている力や性質は確かに在る。

 その力を借りながらに前へ進みます。其処から一段上にある文章の基本については、血を吐きながら学ぶよりありません。自分では無い誰かへ、すぅっと染み込ませられるような、そんな言葉の連なりを紡ぐために。




-Chicago Underground Duo 『The Light In Between』

 あーこれ何かに似てると思ったら中谷美紀『Automatic Writing』っぽいんだ 好きですこういうの
 あとChicago Underground Duoは聖剣伝説2の神殿ダンジョンみたいな音の曲があって素敵です
 

 
 

2009.10.25 23:38 | | コメント(0) |

あっ

 すっかり忘れていましたが、創想話に初めて作品を投稿した日から何時の間にやら一年が経過しておりました。この長いのやら短いのやらよく判らない期間に発生した私の脳の退廃ぶりには驚かされるばかりです。よく生きてるなと思います。

 曇り。心落ち着く良い天気です。晴れても雨降っても何だかんだ理由つけて良い天気といってるような気がしますけど。

-Faust 『Why Don't You Eat Carrots?』

2009.10.24 08:23 | | コメント(0) |

浮上する

 無印にひとつ投稿させていただきました。お読みいただいた皆様、ありがとうございました。

 お久しぶりです。こうしてこれから、いつも通りを繰り返します。
 笑ったり怒ったり、自重せず酔っ払った挙句色々失敗して凹んだり。悲しければ泣きもします。
 投稿することはあっても疲れたら休みますし、瞬き程度だと思っていた瞼の閉じ方が、ほんの少しだけ長くなることだってあります。
 何度も、何度でも繰り返しましょう。それが私にとっての普通を顕すということなのですから。
 それでいいです。それがいいです。

 それでは、また。



-3nd 『眠る』

2009.10.24 01:18 | | コメント(0) |

水に沈む

 


 来週の中ごろまで更新をおやすみさせていただきます。
 ごめんなさい。しれっと戻ってきますので、その時はまたよろしくお願いいたします。
 では。


2009.10.15 23:41 | | コメント(0) | トラックバック(0) |

両方とも×

 本日お昼あたりは「せいしん ○ たいりょく ×」だったのがもう両方駄目になってしまっています。仕事先のお客様に仕事上のご説明をするのに全てを使い果たしました。

 お客様は神様! などとよく言われたりしますが、悪い意味の神様付き合い(※注)してるとお仕事になりませんし話も進みません。ので割と「フレンドリーかつ無礼にならぬよう」を皆実践しようと試みるのです。机上を離れた場所の立ち話ならいざしらず、礼を欠いたら色々抹消されてもおかしくない

 説明をするにも身振り手振りはありましょうが、やはり言葉が必要です。
 これは出来るけどあれは出来ません、という話をするときだってあります。説明は端的であればあるほどよろしい。事実と理由がきちんとあればよろしい。必要な言葉が揃っている、それが大切。

 これは友人の言ですが、結局「全て出来ません」という結論を導くために言葉を無駄に多く使ってしまうのがいちばんよろしくない云々。実際疲れます、そういうのは。仕事は数学の証明ではありません。
 そんなときは決まって歯切れ悪く、たらたらと時間が零れ落ちてくばかりで、しかも何にも生み出さないんだろね、ってことを結論を言われる前から察することが出来る。「あー、案の定ね」。この「案の定」っていう言葉は非常に恐ろしい響きを持っているような気がしてなりません。

 そうならぬよう日々勉強なのですけれど。何年経っても学習が終わることなどきっとありませんね、何事も。もっともっと学ばねば。

 文章について。
 練り直し中。朝からがつんと頭に響く言葉を見かけて、よーしやるぞーという心持ち。ゆらゆら揺れながら参ります。


-Date Course Pentagon Royal Garden
『Structure VI La Structure L'extraction Du D'une Boutelille De Champagne / 構造 6 (シャンパン抜栓の構造)』



※注 悪い意味の神様付き合い
 「わたしはさわりません、なのであなたもさわらないでください」の意
 積極的無関心を「付き合い」と呼ぶ矛盾 仕事になりゃしない

 良い意味はあるのん、と言われると
 上記も勝手に私がそう呼んでるだけなのでよく判らないのでした
 山の神社に住むニ柱とかたぶん良い意味だ!
 それでいきましょう

2009.10.14 23:16 | | コメント(0) | トラックバック(0) |

割とさっくり帰宅

 どあたまがいたい、と思って麦酒呑み始めたら段々痛みが引いてきました。うわあー麦酒すげー


 はい。今日も快調に現実逃避です。積極的に眼を逸らしていきます。そそわのペースがいろいろ速くてなかなか感想もつけられていないのですが、また読みたいリストだけが増えていく……これが創作意欲ってやつか
 もっとも、作品は逃げませんし。じっくりと腰を据えて読みたいものです。


-world's end girlfriend 『夜は問い』


 今日一日ずっと煙草がおいしくなかったのに段々おいしい気がしてきた うわあー麦酒すげえー
 ああ

2009.10.13 23:30 | | コメント(0) | トラックバック(0) |

まるい時間について

 当たり前のことを毎度思って、少しずつ忘れて、ほんのちょっと残しましょう。

 ふと外を出歩いているときに、ぷっつりと耳元の音楽が途切れてしまうこともあります。そこは私が充電を怠っていたとか、それでなくてもぶらぶら長々出歩き過ぎて致し方なく途切れたとかのどうでもよい事情があって、兎に角もう家に着くまで音楽を聴きながら歩けないという結果だけが残っていたわけです。

 なんでもない道端、ひとり歩くときは大概音楽を用意していますが、自分からイヤーホンを外したくなるときも偶にはあって、そういうときは気分が良いことが多いのでした。本日はやむにやまれずといった感じでしたが、それでもう僅かな風の音しか聴こえなくなる。普段よく訪れる川の流れはその場からは少し遠く、自動車が通るような大きな路でもなく。

 静かだというのに、ちっとも張り詰めていない。ぼんやりと夕暮れが紅い。季節が異なる、ただそれだけで、静けさの質はあまりにも異なりすぎていました。当たり前、当たり前のことなのです。

 今日感じたまるい時間について。それと秋の静けさとの関連について。答えの出なそうなことをつらつらと。振り返ることは滅多にしなくて良いのでしょう。ある度ある度、折に触れながらまた思えば良い、それだけのことなのでした。

 秋ですね。春についで好みの季節は、果たしてどれほど保つでしょう?
 まるみがふるえてぱちんと弾け、張り詰めを誤魔化すような雪が降るまであと少し。それはそれで良いものだとそれなりに思えるところが、季節の良いとこかもしれませんなあ、と煙草を吸いつつ思うのでした。前も考えたことがあるような気がしていますが、これが何度目なのかはやはり覚えておりません。実に何も問題無い、静かな夜であります。


-Throwcurve 『無音ノート』

2009.10.12 21:25 | | コメント(0) | トラックバック(0) |

生きて明日を迎える

 何でもないことのようですがなんだか勝手にひとり安心してみたりします。


『休み! 療養!』


 命令が色々下ってましたが、先日もう馬鹿を通り越した呑み方(昼間っから)してたので、身体を休めるどこの騒ぎではありません。今日はゆったりと骨休めであります。
 粛々と創作の続きをします。


-mouse on the keys 『spectres de mouse』


 ひょおおおおおお七月に新譜が出ていただと素敵だ素敵だ
 と思って今プロモ検索してたら思いっきり全身黒タイツでピアノ弾いてて驚いてしまった
 あれどうやって息してるんだろ

 


2009.10.11 22:55 | | コメント(0) | トラックバック(0) |

いろいろと頭のなかみふっとぶ

 たまに日付変わる前に帰ってこれたと思ったらこれだ!
 なにもいうまい、なにもいうまい。青森vs長野で最終戦争だなんてそんな



-SEX MACHINEGUNS 『みかんのうた』

2009.10.08 23:22 | | コメント(0) | トラックバック(0) |

日中創造

 私が仕事中(※素面)のときに如何にろくでもないことを考えているかは既に駄々漏れているのでありますが、それはそれでした。「※素面」とか言いながら酔っ払ってるんですね、きっと(仕事状況に) 言うほど大変じゃないから平気です。仕事で死ぬほどやわくない

 「釦」の文字になんとなく惹かれていて、イメージが膨らんできているところ。大きな釦小さな釦、からから器に零してよし、広き布に縫いつけちりばめてよし。
 メモ程度に残しておいて、のちのちに書いてみたいと思います。


-Tape 『Mystery Mutiny』


 今日はもう呑みますからもう決めたことですから!
 

2009.10.08 00:23 | | コメント(0) | トラックバック(0) |

ステータスの異常


 おさけがのめません



-Gregory + The Hawk 『Grey Weather』

2009.10.07 00:58 | | コメント(2) | トラックバック(0) |

自ら鍋に飛び込んでいく雄姿

 今週から修羅場なのねえ、という当たって欲しくない予想がどうやら的中です。こういうのだけ100%なのなんとかして欲しいのですけれど。週末にあるはずの三連休を諦めたくないので頑張ります。
 虚ろに呟きながら進みましょうね。おつかれさまでした。

 ほんとはもっとこう、今朝方見た夢の話とかしようと思ってました。



 *


『カニ星人だァ―――!!』
『オアアアアアアアアアア茹』


 おやすみなさい


-BLANKEY JET CITY 『海を探す』

2009.10.06 01:27 | | コメント(2) | トラックバック(0) |

月が綺麗でなんとなく満たされる

『うーん……うへぇ……』


 ココ・ヘクマティアルお嬢の口真似をしたところであんまり状況は打開されておりませんでした。いつ出ます? 七巻 ヨナ君の作った卵料理を食して何処か遠いところにいってしまいたい

 
 なんでこんなに話が逸れるんでしょうね。逸れるだけの話をする以前に既に進むべき方向が異なっている、振り向けば黒歴史! これこそこの日記そのものの姿! フフーフ



 だからさ

 一口に言うと(いつものように)ぱったり筆が止まってしまっています。加えてまた正体不明に腰いたい。美味しく麦酒呑めてるから体調はそこそこ悪くもないのだと思います。

 先日のリフレッシュ期間、遊びに遊び倒してせいしんは充実しています。その代わりへろへろですが。当日集まった面子(同僚)とかもう若くない筈なのにねえ、私を含め。でも元気なのは良いことでございますね。

 文章、まずは文章を綴らねば。ネタはまた少しだけ保持しつつも、きちんとかたちにしていかなければ。まったりじっくり丁寧に。



-相対性理論 『スマトラ警備隊』


 その内『好きな漫画ァー!』『音楽についてェー!』『オアアアアアアアアアア』とかいう単語が本日記に踊り始めたら 管理人は(本格的に)現実逃避を始めたんだなというひとつの指標になるかと思われます そのうちそのうち
 

2009.10.04 23:10 | | コメント(2) | トラックバック(0) |

おはやいながれ

 いつの間にかそそわ無印作品集87が終わりまた次へ、たった今覗いたら既に15作品越えてるという凄い状況。知らぬ間に取り残されるような心地です。読みたい作品はメモに残して週末に。そしてその週末にはまたどばっと新作が……作者のお名前とタグで読んでしまうことが多いこの頃ですけれど、あすこはやはり刺激的な踊り場であるなと感じ入ることしきり。作品そのものの面白さを感じつつ、「どういう視点があってこの言葉を取り出せるのかよ?」「なんでこんな鋭いのかよ?」などという思いを抱いたりするのでした。私は大概うすぼんやりしてるので、ひとつ鋭い言葉繋ぎはとても憧れますし、また頑張ろかーと考えるのです。

 とりもあえず、流れに紛れるかの如く参ります。あるひとつの区切りがついたので、明日というか今日は推敲。眠る前にももう一度。もっとせつせつと語れたらいいのにと思いますけれど。


-world's end girlfriend 『点在について』


 おあー推敲しながら書いてたら二時越えてる明日も早いのにもう
 まあまあ それはそれですね

2009.10.02 02:13 | | コメント(0) | トラックバック(0) |

«  | ホーム |  »

プロフィール

いこの

Author:いこの
たんたんとお酒をいただきながらssを書いている私の脳がじわじわアルコールやニコチンにやられていく様を観察できます
次また前触れなく長期に渡って休んだらぶっ倒れたんだなと把握してください


カテゴリせつめい

『文』 黒歴史生産場所 大抵酔っ払いで私はこれを振り返らない

『酒』 そそわ作品の感想を残したりするカテゴリです ときおり本当にお酒の話をします

『画』 あんまりかかない

『黒』 黒歴史用語集 稀にこっそり増える

『白』 「独白する彼女の記憶」シリーズを(自己満足的に)納めようかと思っているカテゴリ あとそそわに投稿されなかったssもこっそり 歴史が白いわけじゃありません


リンクの切り貼りご自由にどうぞ

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。